遺産相続の相談は長野県松本市の中日本司法書士事務所へ

遺産相続相談・サポート 中日司法書士事務所

ご相談はこちら フリーダイヤル0120(523)160 10:00-19:30(平日)/10:00-18:00(土曜) 〒390-0815長野県松本深志2丁目8番6番OTKビル3階 メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

相続が発生してお困りの方

相続が発生してお困りの方

  1. home
  2. 相続が発生してお困りの方
  3. 相続が発生してお困りの方
  4. 相続が発生してお困りの方
  5. 故人に借金の存在が発覚した場合

相続が発生してお困りの方

故人に借金の存在が発覚した場合 故人に借金の存在が発覚した場合

遺産の中に借金が発覚したら...

相続は被相続人の死亡によって自動的に開始しますが、借金が多い場合などは、相続人が相続を希望しない場合が考えられます。

そのようなときのために相続放棄の制度が設けられています。

相続放棄をした相続人は、プラスの財産を承継することができませんが、借金等のマイナスの財産を承継しませんので、その支払を回避できます。

※一定の場合、相続放棄をした相続人が相続財産の管理責任を負う場合があります。

 

相続放棄をするにためには?

他の相続人や債権者に対して「自分は遺産を放棄する」と書いた書面を送り、それで相続放棄をしたつもりになっている方がいらっしゃいますが、残念ながら、それでは相続放棄にはなりません。

相続放棄をするには、管轄の家庭裁判所に対して、相続放棄申述書を提出しなければならなりません。

なお、相続放棄には3か月の期間がありますので注意が必要です。

相続放棄の申立は一度のチャンスしかありません!

家庭裁判所に相続放棄申述書を提出すると、家庭裁判所から照会書が届きます。これには相続開始を知った日や、相続財産の内容についての質問が載っています。

これに対して、間違った答えをしてしまうと、相続放棄が受理されません(失敗してしまいます)。

相続放棄のチャンスは一度きりですから、安易に考えず、司法書士や弁護士といった相続の専門家に相談しましょう。

将来の相続が心配な方

初回相談60分無料。フリーダイヤル0120-523-160

遺産相続には期限が!?スケジュールをこちらで確認。

始めての相談。どうすればいいの?