遺産相続の相談は長野県松本市の中日本司法書士事務所へ

遺産相続相談・サポート 中日司法書士事務所

ご相談はこちら フリーダイヤル0120(523)160 10:00-19:30(平日)/10:00-18:00(土曜) 〒390-0815長野県松本深志2丁目8番6番OTKビル3階 メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

相続が発生してお困りの方

相続が発生してお困りの方

  1. home
  2. 相続が発生してお困りの方
  3. 相続が発生してお困りの方
  4. 相続が発生してお困りの方
  5. 相続人を確定する

相続が発生してお困りの方

相続人を確定する 相続人を確定する

相続人の調査は戸籍謄本で

遺産相続の手続をするうえで、一番始めに着手しなくてはいけないのが、法律で定める相続人が誰であるのか調査することです。相続人なんて調べなくても知っているよ!という方が多いかもしれません、金融機関でも法務局においても、戸籍謄本相続関係説明図を通じて、間違いなく相続人であることの証明が出来なくては、銀行の預金を引き下ろしも、不動産の名義変更(名義の書き換え)もすることができません。ですから、遺産相続手続きの第1歩目は相続人調査(戸籍収集)から始めていかなくてはいけません。

戸籍の調査方法

戸籍等の取得方法には、主に次の二通りがあります。

 

■実際に市町村役場に行く方法

取得すべき戸籍の本籍地を管轄する市町村役場がご自宅から近ければ、そこに出向いて戸籍等を発行してもらうのが一番簡単で確実です。

 

■郵送で取り寄せる方法

取得すべき戸籍の本籍地を管轄する市町村役場が遠方の場合に、もし直接出向くとすれば、交通費だけで何万円にもなってしまうことがあります。そんな時には、郵送による戸籍等の発行申請が認められていますので、本籍地を管轄する役場が遠方である場合、郵送で戸籍を取り寄せることができます。

しかし、郵送による戸籍等取寄せは、準備がとても面倒な手続きになります。管轄の市町村役場を調べ、返信用封筒を準備し、郵便局で小為替を購入し、本人確認資料として運転免許証などのコピーを準備しなければなりません。

戸籍の種類とその見方

戸籍には、戸籍謄本(抄本)のほか、除籍謄本(抄本)や改製原戸籍謄本(抄本)があります。除籍謄本(抄本)は、ある戸籍の構成員全員が死亡・婚姻・分籍などによって除籍され、戸籍内に構成員が存在しない状態で発行されます。また、改製原戸籍は、法律によって戸籍の形体が変わり、戸籍が再編製された場合に、従前の戸籍を知るために発行してもらうものです。

戸籍謄本(抄本)等の記載事項については、それだけで本が一冊できてしまうくらいの多彩な種類がありますので、はじめて戸籍をご覧になら方は全く何が書いてあるか分からないということもあるかもしれません。なお、相続登記においては、出生・婚姻・転籍・死亡・認知などの記載が重要になります。

司法書士や行政書士の職務上請求

戸籍謄本等を相続に関係のない第三者が取得することは原則としてできません。しかし、司法書士や行政書士等の専門家は、職務上必要な場合に職権で戸籍謄本を取得することができます。

当事務所にご依頼いただいた場合、司法書士、行政書士が皆様に代わって戸籍の取得と相続人の調査を行いますので、あなたの手を煩わせることなく戸籍を収集することができ、相続手続がスムーズに進めることができます

将来の相続が心配な方

初回相談60分無料。フリーダイヤル0120-523-160

遺産相続には期限が!?スケジュールをこちらで確認。

始めての相談。どうすればいいの?