遺産相続の相談は長野県松本市の中日本司法書士事務所へ

遺産相続相談・サポート 中日司法書士事務所

ご相談はこちら フリーダイヤル0120(523)160 10:00-19:30(平日)/10:00-18:00(土曜) 〒390-0815長野県松本深志2丁目8番6番OTKビル3階 メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

将来の相続が心配な方

将来の相続が心配な方

  1. home
  2. 将来の相続が心配な方
  3. 将来の相続が心配な方
  4. 将来の相続が心配な方
  5. 生前贈与のポイント

将来の相続が心配な方

生前贈与のポイント 生前贈与のポイント

生前贈与とは

生前贈与とは、死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為をいいます。個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できるのが原則です。また、生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるという目的のために利用されます。

 

生前贈与をする際には、次の4点を確認する必要があります。

1.贈与税と相続税の節税額の分岐点について把握しておく点

2.遺産分割のトラブルとならないようにする点

3.贈与契約書を作成し公証人役場で確定日付を取っておく点

4.相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算される点

暦年贈与と連年贈与

贈与税は相続税を補完する性格から相続税と比較して税率は高いですが、年110万円の基礎控除額等を利用し、時間(年数)をかけることにより節税の効果が増大します。

 

例えば、子供2人、準備期間10年とすると、限度額いっぱいまで毎年贈与をしていくと、110万円×10年×2人=2200万円の財産の移転を無税で行うことができます。

 

ただし、連年贈与認定には注意が必要です。税務署に「連年贈与」と認定されてしまうような贈与をしてしまうと、一時に多額の贈与税が課されてしまうので注意が必要です。「連年贈与」とは、例えば毎年110万円ずつ10年にわたって贈与した場合に、最初から1100万円(110万円×10年)の贈与をする意図があったものとみなされ、贈与の初年度に1100万円全額に課税されてしまいます。なお、贈与税は税率が高いので、連年贈与認定された場合は多額の税額が課されてしまいますので注意が必要です。

相続時精算課税とは

相続時精算課税とは、65歳以上の両親から20歳以上の子への贈与については、2,500万円まで贈与税がかからなくなる、というものです。相続時精算課税を選択した贈与者ごとにその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計金額から2,500万円(2,500万円に達するまで複数年控除可能)の特別控除額を控除した残額に対して贈与税がかかります。(贈与税の期限内申告書を提出する場合のみ、特別控除することができます。)また、前年以前にこの特別控除の適用を受けた金額がある場合には、2,500万円からその金額を控除した残額がその年の特別控除限度額となります。2,500万円を超える部分は、一律に税率20%で贈与税が課税されます。ここで支払った贈与税は相続税の前払いの性格を持ち、将来相続が発生した時に、相続時精算課税制度により贈与をした財産は相続財産に含まれ相続税が課税されます。相続時精算課税制度による贈与税を支払っている場合にはその贈与税額を相続税額から差し引くこととなります。なお、「相続時精算課税制度」を一度選択してしまうと、従来の「暦年課税制度」には戻せませんので注意が必要です。

将来の相続が心配な方

初回相談60分無料。フリーダイヤル0120-523-160

遺産相続には期限が!?スケジュールをこちらで確認。

始めての相談。どうすればいいの?